e0059317_7305673.jpg


肉塊発見。
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-29 07:34
e0059317_7275582.jpg


不思議な模様の懐こい猫。

早くも楽園の予感がする。
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-29 07:32
e0059317_051837.jpg


猫が数多く住まう、猫好き生唾モノの幻の島、猫島―――

それは日本の神奈川県藤沢市に存在した。
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-24 00:56
e0059317_013853.jpg


日曜。

雨がやんだので、以前からずっと気になっていた「等々力(とどろき)渓谷」へ、自転車で出かけることにした。


ほんの軽い気持ちで――しかしこれが、近年稀に見る困難な旅になろうとは―――


とりあえず線路沿いに進んで、「等々力駅」までいけば何とかなるだろう。

その程度の予備知識でスタートした。


まず、多摩川を越えなければならない。しかし、橋が見当たらない。

道が線路から離れだす。しかも道が急な上り坂になり、体力を大いに消耗する。

いつの間にか見知らぬ住宅街の中心に来てしまい、泣きそうになる。

それでも、

「何か閑静な住宅街。ここにアパート借りてみたいな~」

とプラス思考への切り替えを試みる。

が、電柱に書かれた「田園調布」の文字を発見して、余計落ち込む。

やっと駅発見!と思ったら、オシャレスポット自由が丘。違う。

ケータイで地図が見れるのでは、と気付き、久々にVodafone live。

見れたけど、何だかちっちゃい・・・

広域表示にしようとしたら、「有料になります」メッセージが。貧しいため、断念。

どこかの小学校の前の地図で何とか現在地を確認。・・・いける??

ようやく等々力駅発見。普通の街。渓谷はどこに。。。

地元住民に調査を行う。「豆腐屋さんを右に曲がったトコ」。ホンマかいな?



マディでした。



谷を見た後、雲行きが怪しくなってくる。

そして、決して認めたくない水滴が空からポツポツと。

帰りは線路沿いではなく、一旦多摩川の方へ出ようと施策する。

多摩川の方角がわからない。本日2度目の、地元住民の協力を得る。

多摩川まで来たが、やはり橋がない。遥か遠くの橋らしきものを目指す。

高速道路だった。

さらにその奥の橋を目指す。

電車用の橋―――!

その次のは何とか自転車が通れる橋だった。この上ない遠回りと雨に、心が荒む。

陽は落ち、辺りはすっかり暗くなってしまった。

その後も見知らぬ土地を彷徨いながら、何とか家に帰ることができた。月曜に残る疲労をお土産にして・・・



とにかく、多摩川にもう少し橋を増やしてください。


渓谷は、紅葉の季節になったらまた改めて訪れるとします。
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-21 01:00
e0059317_024722.jpg


がわっちも愛してみる。


幕末の珈琲はなかなか渋い味だった。
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-11 00:03
e0059317_461833.jpg


機種変更をしたら、写メール1通の料金が¥4→¥19に値上がった・・・

どういうことだ、ボーダフォン!!
[PR]
by gawa_nikki | 2005-10-09 04:09